スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団臨へ活躍の場を移すトワイライトエクスプレス

最近まともに撮影に行ってないので、過去フォルダからの写真でブログ更新して行きます。





EOS5D MarkⅢ EF70-200mm F2.8L IS II USM
紀勢本線 古座〜紀伊田原(2013年3月撮影)




3月ダイヤ改正で定期運行を終了したトワイライトエクスプレス。
今後ともクルーズトレインとして大阪〜敦賀〜下関で運行されるようですね。
また、大分入線、山陰線での運行も発表され、しばらく広範囲での活躍が見れそうです。


写真は昨年の和歌山DCで紀勢線に入線したトワイライトエクスプレスです。











以下、ぼやき。*******************************************

あまり撮影地で場所取りして撮影とかは好きではないので、普段はいわゆるネタ列車とかはなかなか撮影の気が向かないのですが、この時は珍しく撮影に行きました。

やはりというか、一部よろしくない行為(罵声等)なんかも見受けられ、写真は良かったのですが気分はあまり良くもなく。
やっぱ苦手です、こういう列車を撮るのは。被写体もロケーションも良いんですがね。

スポンサーサイト

阪急2300系


EOS5D MarkⅢ EF70-200mm F2.8L IS II USM
京都本線 梅田(2015年3月撮影)



関西私鉄は全体的に物持ちが良いイメージがありますが、特に阪急電車は古い車両が多いものの、ピカピカに維持しているのが、さすが阪急といったところでしょうか。

今年3月に引退した阪急2300系、登場以来50年が経過したこの電車も、最後まで綺麗に整備されていました。

さよならヘッドマークを装着した編成は撮影できませんでしたが(撮りたかった)、日常の姿は記録できていたので遅ればせながらのアップです。

軌道線区間を行く福鉄200形


EOS5D MarkⅢ EF70-200mm F2.8L IS II USM
福武線 木田四ツ辻(2013年3月撮影)



置き換えが近いと言われる福井鉄道200形のうち、一足先に運用離脱•解体された201編成です。
200形の中では、この標準塗装の201が一番好みでした。

写真は、木田四ツ辻の鉄軌分界点直前で撮影したもの。
路面区間を高床車がゴロゴロ走る光景は迫力があります。

200形自体は、まだ202、203編成が残存しています。
特に旧塗装の203編成は撮影しておきたいんですが、基本低床車中心の運用となっている現在では遠方からだとなかなかお目にかかれないんですよね。
イベントかなにかで走らせてくれないかしらん。



松山市内線も塗装一新


EOS5D MarkⅢ EF70-200mm F2.8L IS II USM
大手町線 大手町(2013年7月撮影)

伊予鉄道が発表した車両のオレンジ単色化では、当然市内線の路面電車もその対象となっています。

郊外線はともかくとして、市内線の現行の塗装は松山市中心部の風景によく溶け込んでいるように思えるだけに、オレンジ単色にしてしまうのはちょっと…と個人的は残念に思うところです。
特に、旧型の路面電車には新塗装はとても似合わない気が…。


写真は大手前の有名な郊外線と市内線の平面クロスです。
数年後には(もしかしたらもっと早い段階で?)、ここに写る全ての車両の塗装が一新されることになります。

伊予鉄がオレンジ単色化へ…

 伊予鉄道が、IYOTETSUチャレンジプロジェクトなるものを発表しました(下記アドレス)。
http://www.iyotetsu.co.jp/img/pdf/challenge.pdf


この中に、なんと伊予鉄道の全車両がオレンジ一色の新塗装に変更されることが記載されています。
オレンジの色があまりにもビビットすぎて、インパクトが強いですね。

ちょっと街のイメージに合わない気もしますが…。





EOS5D MarkⅢ EF70-200mm F2.8L IS II USM
高浜線 梅津寺(2014年7月撮影)
プロフィール

Tama@遼B

Author:Tama@遼B
うどん県民見習い中、28歳のしがないリーマン鉄ちゃんです。

http://trainspo.com/
Trainspoにもアカウント持ってます。
I have registered to Trainspo.
(Account name: tama)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。